女性のぶっちゃけトークは〇〇のOKサイン!?

目次

ぶっちゃけトークといえば「女子会」

ぶっちゃけトークといえば、「女子会」だと思いますが…ファミレスやカフェ、居酒屋でよく見かける光景です。この頻繁に見かける女子会は、特に働く女性にとっては、「定番のリフレッシュ法」かと思います。

ちなみに、「日経ウーマンオンライン」が女性を対象に、「女子会」について調査をしています。(2015年10月16日~11月7日、501人、女性対象、インターネット調査)
この調査によると、女子会が開催される頻度は「月1回以上」の人の割合が、44.9%と…ざっくりいうと約半分の女性が、毎月女子会をしているということになります。また、この女子会の効果について、「本音を言い合えるのでスッキリする」という声が多かったそうです。

この「自分について本音を話す行為」のことを、心理学では「自己開示」といいます。自己開示とは、1971年に心理学者のジュラードによって使われた概念で、ひとことで言うならば、「自分自身についてありのままに話す」ということです。

ただし、「私の年収は○○です」とか「私は○○会社に勤めています」といった情報の開示ではなくて…
「実は今○○について悩んでて…」とか「実は○○って嫌なことがあったんだよね…」といったように、一般的には少し話しづらいような、プライバシーに触れる情報の開示のことです。

ガールズトークは、これの繰り返しですよね?

女子会で当たり前のように行われている、この「自己開示」なんですが、適度な自己開示は人間関係の助けになります。
これは、女子会だけに限らず、男性が女性とデートをするときに使うと、かなり好感がもたれるようです。

この自己開示について、ある心理学研究によると「女性のぶっちゃけ話の量はボディタッチの量と比例することがわかっています。

ぶっちゃけトークの量はボディタッチの量!?

これは、自己開示と身体の接触について、さきほど紹介した臨床心理学者のジュラードが、ある研究をしています。

この研究では、フロリダ大学に通う18~22歳の学生380人を対象にアンケートを行っています。そして、両親、親しい同性の友人、親しい異性の友人のそれぞれが、対象者の体(実験協力者は女性)にどのくらい接触しているか調査を行いました。

実験の結果、実験協力者である女性の「自己開示量」が多ければ多いほど、異性の友人に多く触られている傾向があることがわかっています。

要するに、相手に対して、「私って実は……」と心のうちを話すようなになると…少しオーバーな表現をすれば、多かれ少なかれ「体に触られてもいい」と考えるようになる、ということかもしれません。

つまり、ここでのポイントは、「心の距離と身体的な距離は比例する」ということになります。それくらい好感度が高くなるということです。

アオジュン考察

一般的には「聞き上手」な男性はモテるなんて言われているわけですが…いかに女性に自己開示をさせたかということが、大きく関わっているのかもしれません。

要するに、もしあなたがデートで好感度をUPさせたいと思っているのであれば、女性に「自己開示」をさせることがポイントになります。

とはいっても、どうやって自己開示させたら良いのかわからない…という方もいるんじゃないでしょうか?

そんな時は、以前私が紹介した別動画の「返報性の原理」を活用することがポイントです。
返報性の原理とは、ひとことでいうと、相手から好意を受けると、好意を返したくなるという心理のことです。

詳しくはこちらの別動画をご覧ください!!

そして、この返報性の原理の中には、「自己開示の返報性」というものがあります。間単にいうと、「自分からぶっちゃけトークをすると、相手もぶっちゃけトークをし返したくなる」心理のことです。

つまり、相手に自己開示してほしかったら、「自分から自己開示する」ということです。

ただし、男性がやりがちな「自分の過去の武勇伝を話したり、いかに自分がモテるのかアピールしたり、高学歴や高年収であることを話す」のはNGです。
これは、自己開示というよりはただの自慢で、逆効果になりますので注意してください。

要するに、自己開示は「あなたのことを知ってもらおう!」というよりは、女性の自己開示を「引き出す手段」だと思うと、自ずとできるはずです。

また、ここまで男性の目線で話してきましたが、女性の目線でも同じことが言えますので、是非参考にしてみてください。

ちなみに、この「女性のぶっちゃけトークは〇〇のOKサイン!?」はアニメーション付き動画として、youtubeで解説しています!!

よかったら併せて見て頂けると幸いです。
より参考になるかもしれません。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!!

アオジュン心理学研究所でしたーーーー!!

参考文献・サイト

:植木理恵『植木理恵のすぐに使える行動心理学』 宝島社 2012年
:株式会社 日経BP 『「女子会」は月1回以上が4割超、本音トークでスッキリ!』2015年 https://doors.nikkei.com/atcl/wol/trend/15/105299/121600150/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

株式会社カノン・エージェンシーと株式会社ミライト・レンタリースの専務取締役です。本業の傍ら、通信制大学&fromU & 独学で心理学を勉強中です。2023年より心理系大学院に進学予定です。
みなさんに役立ちそうな心理学に関するテーマをアップします!!

コメントをどうぞ

コメントする

目次
閉じる