姿勢と心の使い方





記事:谷里子

先日、口コミのよい整骨院を見つけて、初めて行ってみました。そうしたら、そこの整体師さんに「極度の猫背」と言われまして。それで、施術の際に「本来、普通の人の姿勢はこうなんですよ」とお手本となる正しい姿勢に矯正してもらったんですね。
そしたらまぁ、びっくり。まっすぐ背筋を伸ばすと、逆にしんどい。姿勢を保つのに力がいる。猫背の方がずっと楽なんですよ。
なんだか、世界の見え方が全く異なりました。普通の人ってこんなに胸張ってシャキッと背筋伸ばして生きてるんだ、と。
むしろ私からすると普通の人の姿勢って「自信持ちすぎなぐらい自信持ってる人」ってイメージで、なんか自分がその姿勢になると変な感覚がしました。

整体に行く必要がない方からすると、意味不明な文章かもしれません。ただ、姿勢と感情はとても関連しているのでは?とふと思ったのです。本当に、自信がある人ほどしゃっきりした姿勢なのかもしれません。整体師さんによって、自分に自信があまりないのを再確認した気がしました。

ただ、私はそこで落ち込まず、その日から「自信持ちすぎなぐらい自信持ってる人」になりきることにしました。
簡単にいうと、背筋を伸ばして、胸を張って歩く。ただそれだけなのですが、なんとなく前向きな気持ちになれました。
そして、この姿勢を続けていれば、きっと自信につながるのでは、と希望が持てるようになりました。「前向き」という言葉は「前を向く」から「前向き」なのであって、私は猫背で下を向いてることが多かったのかもしれません。

それから、姿勢を意識することで、自分を客観的にみられるようになりました。「あ!今パソコンに夢中で猫背になってる!」「身体が緊張して固くなってる!」といった感じです。そういう時には背筋を伸ばすストレッチをしたり、深呼吸して適宜休憩を入れるように心がけています。 自分の疲れている感覚や疲れの程度が把握できるようになった気がします。
心理学ではこのような客観視する状態を「メタ認知」といいますが、整体に行くようになってからそれができるようになってきた気がします。意外と姿勢に着目するだけで、自分のこころ・身体の状態がわかるのだな、と思ったエピソードでした。
みなさんの猫背レベルはどんな感じでしょうか。少し意識してみてもいいかもしれませんね。

おすすめ情報

心理療法の基礎をもっと分かりやすく理解したいあなたへ

Slider




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。