落ち込んだ時に使えるアプリでダントツはコレ!【プロカウンセラー推奨】

レポート:FromU心理師 谷 里子





アプリを使って自分のレジリエンスを知ろう!

皆さん、落ち込んだ時はどうやって立ち直りますか?また、その回復までにどれくらい時間がかかりますか?

例えば恋人と喧嘩したり、 仕事でミスが立て続けに起きたら ・・・、気分は落ち込みがちですよね。 でも、自分の気分の波や回復したきっかけが分かれば、 自分の傾向が分かってポジティブになれるかもしれません。これからご紹介するアプリは自分のレジリエンス(精神的回復力)を知ることができるアプリです。このアプリを使って、自分では意識していなかった自分なりの力を知りましょう!

Moodistoryとは

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-1.png です
  • 自分が精神的に回復するために必要なサポートやアイテムが把握できるスマホアプリ
  • 自分の気分の波を視覚的に把握できる
  • 価格:860円
  • 対応デバイス:iphone



実際にやってみよう!(操作方法)

(App Storeプレビューより引用)
  • ステップ①:今の気分について、6段階(とても気分が悪い~とても気分がいい)のうち、ぴったりくるものをタップして選ぶ(段階によって色が異なるので、視覚的に「今日は調子良いな」と理解できる)。
  • ステップ②:最近何をしたのか出来事一覧にあるアイコンをタップする。
  • ステップ③:他に追加したいものがあれば自由にメモしておく。

こんなことが分かる!

以下の解説は筆者が実際に使用しているものを掲載しました。公開するのは恥ずかしいですが、意外と面白い発見があります(笑)。

①最近1か月の気分の波が分かる

  • 気分が落ち込みやすい日は割と多い
  • しかし、その気分の落ち込みは3~5日程度しか続かず、必ず前向きになる

ポイント:どんなに落ち込むことがあっても、いやな気分は長くは続かないと思うと少し安心できますね。またその期間も3~5日程度と具体的な目安があるので頑張ろうと思えます。

②どんな気分の状態が多いのか分かる

  • 気分が割と良い日と気分が割と悪い日が半々ぐらい

ポイント:意外と気分がいい日があって自分でも驚きました。うつ病など気分の波が大きくなりやすい方がこれを行うと、新しい発見があるかもしれません。

③気分が良いor悪い時にあった出来事がわかる

  • 睡眠は最も気分を回復させる要因
  • 反対に睡眠不足は気分を悪くさせる大きな要因
  • 仕事はストレスになりやすいが、そこまで強いストレスではない。
  • むしろ身体の痛みの方が仕事よりも大きなストレスとなる。
  • お風呂に入ること、電話をすることも回復する要因

ポイント:睡眠が気分を回復させるようです。とにかく寝ることが私にとってレジリエンスだと分かりました(笑)。また、誰かに自分の気持ちを話すことも大事ですが、電話が自分にとって一番しっくりくるツールみたいです。また、仕事よりも身体の痛みの方が強いストレスとなることが驚きでした。自分の身体をもっとケアしてあげることが大切だとこのアプリが教えてくれました。

まとめ

いかがだったでしょうか。操作もとても簡単で、視覚的に自分のこころの状態を把握できるので、ゲーム感覚で使えると思います。ほかにも様々なメンタルヘルスに関するアプリはありますが、今のところこれがダントツで使いやすいです。 以上が自分のレジリエンスを把握できるアプリの紹介でした。

おすすめ情報

効率的に心理学を勉強したい方に…+αで役立つFromUオリジナル情報です。

心理療法の基礎をもっと分かりやすく理解したいあなたへ

Slider




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。