心理系研究論文の集め方





学会に参加する・学会発表をみる

日本心理学会、日本教育心理学会、日本発達心理学会、日本心理臨床学会etc….色々な学会がある。ほとんどの学会は年に一度の大会を開き、多くの会員が研究を発表し、その要旨が収録されている。「どのような研究があるか」を知る手がかりに使うと良い。1件の発表内容が1ページに簡潔にまとめられているので、読むのに手間がかからない。研究のまとめ方のスタイルを学ぶことができる。ただし、十分詳しい情報が得られない、信憑性が高い研究ばかりでないことに注意が必要。

ヒント
自分のテーマに合っていそうな学会の論文集に当たればどのような研究がなされているか、研究のトレンドが分かる。
参考 日本心理学会大会発表論文集J-STAGE 参考 日本の心理学諸学会サイト日本心理学会



学術雑誌を読む

学会や専門機関が定期的に発行している、審査を経た比較的質の高い論文が掲載されている。論文の長さは通常10ページくらいであり、これを読みこなすのは、はじめのうちはかなりたいへんであるが、卒論の場合は必ず通らなければならない関門。

文献データベースを検索する

コンピュータやインターネットの文献データベースによって先行研究を検索する方法。著者名やキーワードを入力すれば検索でき、文献の所蔵場所を教えてくれたり、本文をPDFファイルで見たりすることも可能 。

参考 CiNII学術情報ナビゲータTop 参考 Google ScholarTop

論文整理の最強ツールは「Mendeley 」

文献情報の管理や研究活動を支援する、無料の文献管理・学術ツールです。

  • 文献情報管理ができる
  • あらゆる学術論文データベースから簡単にインポート・整理できる
  • モバイルアプリを使って外出先で論文閲覧 ・メモができる
参考 MendeleyTop

次のおすすめの記事

おすすめ情報

効率的に心理学を勉強したい方に…+αで役立つFromUオリジナル情報です。

心理療法の基礎をもっと分かりやすく理解したいあなたへ

Slider




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。