社会人学生がお世話になった“推し”心理学本5冊-レポート・授業対策編-【必携書】

社会人学生が、それぞれの理由と志をもって「心理学を学ぼう!」と思って学部で勉強を始めると、わりと初期段階に「効率よく勉強を進めていくのに頼りになる本はどれなのか?」というニーズが生じるのではないでしょうか。かく言う私も、その情報を検索していてFromUに出会いました(笑)。今回は、実際にレポートやスクーリング学習対策に使用してきた経験から役立つ本を紹介したいと思います。心理学の本は往々にして1冊の単価が高めですが、手元に置いて、何度も手に取ることで、そのコストパファーマンスは上がり、あなたの学びを助けてくれるはずです。

目次

その1|『心理学』

大学のカリキュラムでは、〇〇心理学、△△心理学、□□心理学…と科目が多岐にわかれています。それぞれの科目を指定された教科書で学ぶことはもちろん大切ですが、その前に、これから大学で学ぼうとしている「心理学」という学問の全体像を掴んで、今どの領域を学ぼうとしている…と認識することは、地図でこれから進む道筋を事前に確認する作業と同じで、学び易さにつながると思います。この1冊ではなくとも、「心理学」の全体像を見渡せる本を1冊読んでおくことお勧めします。こちらの本は、「大学4年間ずっと手元において学べる」と謳っていることもあり、平易すぎず難解すぎず、図表やコラムも多く、読み易い作りになっています。


その2|『有斐閣 現代心理学辞典』

教科書を読む時、わからない心理用語があれば引く。レポートを書く時に定義を引用したい時や文章を簡潔にまとめたい時に引く。さすが辞典です。これに限らずですが、辞典から醸し出される世界観と歴史に圧倒されます。そして、これだけの語数があるのだから、すべての心理用語が調べられるのかというと、そうではない…というのが心理学の奥深いところ。沼ですな。


その3|『新・心理学の基礎知識』

レポートの出題に対して、どうまとめていったらいいものか…と迷った時に、まず手に取ったのがこの本です。この本を購入したのも、FromUのおススメがきっかけでした。そして、そのおススメにもある通り、出題のテーマがほぼ掲載されている…と言っても過言ではないかもしれません。筆者によって理解が難しいテーマもありますが、現在は、大学院入試対策本として愛用中です。


その4|『心理統計の使い方を学ぶ』

この本の良いところは、網羅的に統計について説明するというよりは、統計の初学者がぶつかる悩みに、シンプルに「こうすればいいんですよ」と答えてくれている点と、統計を使って、研究(卒論)をまとめる前提で説明がされている点です。統計の必要最低限の知識がまとめられていて、統計への苦手意識は今でも払拭はできていませんが…、統計恐怖からは脱せれたような気がします。


その5|『公認心理師試験 出題実績から学ぶ頻出キーワード』

現在、多くの大学では、公認心理師受験資格を取得するための履修必須科目に則って、カリキュラムが組まれています。本来、「心理学」を学ぶことは、公認心理師試験を受ける前提ではないにも関わらず、カリキュラムがそうなっていることには賛否両論あるでしょう。ですが、試験に問われるポイントに焦点のあたったレポートや課題の出題が多くなっているのも事実だと思います。その対策をするには、なんだかんだ、頻出語のリストがついていたり、膨大な情報をコンパクトにまとめてくれている参考書はとても便利。そして、この本の良いところは、現任者講習会用テキストを切り貼りした感じがなく、著者の言葉で説明文が書かれているところで、理解しやすい講義のような文調なところです。ちょっと誤字が多いのが気になりますが…それも手作り感があっていいのかな、と。


以上、実用的な本5冊をおすすめしました。ただし、この5冊はあくまでも、いわば、大学でのレポートや課題、大学院進学準備、公認心理師資格試験の勉強を効率的にするための本。「心理学」の学びを進めていくうちに、自分自身の興味のある分野が見えてきた時や、実践に活かせる知識やそれぞれの領域が大切にしていることに触れるために手にとる本はこれらとは異なります。そうした本についても、いつかまたの機会にご紹介したいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメントをどうぞ

コメントする

目次
閉じる